デンカラのトップ絵

月のイラスト

「2010年8月」

月のイラスト 「2010年8月」


陽射しの中の農作業にめどがついて、ひと休みするシェーさんです。

主人公らしからぬポーズの構成ですが、たまにはこんな事があってもいいでありましょう。

ちょっとだらけ気味のポーズです。


それにしても、毎日毎日暑いですね。

それでも、この強い陽射しで植物が育ち、

雷雨で潤され、

育った某かを、後々僕等が口にする事を考えれば、

この暑さにも沢山の恩恵を受けているんだなと感じるのです。

こういう事を考えると、背筋がシャンとします。

こちらとしても、へばってばかりもいられませんとも。


どんな瞬間であっても、世界が繋がっているのなら、

自分にとっての一瞬の利益よりも、

長い目で見ての有意義さを見出していたい。

全てが捉え様で変わると言うなら、少しでも善いものを映していたい。

暑さで考えが進まないこの季節にも、きっと重要な意味が在るのだと、

思って日々を進めてみたいと思います。

それが分かるのは、もっとずっと後だったとしても。


英訳は、「季節あっての大盤振る舞い」。