デンカラのトップ絵

月のイラスト

「2010年6月」

月のイラスト 「2010年6月」


レインコートを着た上で、更に傘をさす用意周到ぶり。

よっぽど濡れたくないのか、と思うかもしれませんが、

傘はアジサイさんに掛ける為に持ってきた物の様です。

ずっと雨が続いてるんでしょう。


さて。

ちょっと思う所あって、描き方変えてみました。

若干見えにくくなるのは承知の上で、です。


以前から友人に、輪郭線がない方が絵に合っていると助言を受け続けてきたのですが、

個人的にキッカリカッチリした線のある絵が、見ていて気持ちが良いもので、

輪郭を入れたくなるんですよね。

好みと、自分の絵との相性はさておいて。


つけペンとは高校以来の付き合いなのですが、いかんせん技術がつかないのはいかがなものか。

相性が悪いんだろう、という事は何年も続けてきて、薄々感付いてはいましたが

ただ、認めなくなかっただけです。

でも、絵との付き合いが続く中で、ほだされたと言うか、

輪郭がない方が心地良いんじゃないかという事が腑に落ちてきたので、

ここらで画風を切り替えてみる事にします。

これからもどうぞよろしく。


英訳は、「降られて分かる事もある」。